読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C# アンチエイリアシングしないPicturebox

画像がぼやける

下の画像みたいに,10x10画素の画像を拡大してPictureBoxコントロールに標示させたい.
f:id:whoopsidaisies:20131220063327p:plain
そのまま表示させようとすると,以下みたいにアンチエイリアシングされてぼやけてしまう.
f:id:whoopsidaisies:20131220063351p:plain

画像を縮小するとピクセルにグラデーション?がかかる」にあるように一度Graphicsを作成してからInterpolationModeとPixelOffsetModeを指定すればアンチエイリアシングしないで表示はできる.

が,わざわざGraphicsを作成するというのも面倒なので,そうしなくてもアンチエイリアシング処理しないPictureBoxコントロールを作る.

InterpolationModeを指定可能なPictureBox

Graphicsで画像の拡大・回転時の画素の補間方法はInterpolationModeで指定可能だが,これをPictureBoxでも指定できるようにする.

以下のように,PictureBoxを継承したコントロールを作ってやる.InterpolationModeプロパティをNearestNeighborに指定すれば,アンチエイリアシングなしで画像が表示される.

using System;
using System.Windows.Forms;
using System.Drawing.Drawing2D;
using System.ComponentModel;

namespace Whoopsidaisies
{
    class InterpolatedPictureBox : PictureBox
    {
        private InterpolationMode interpolation = InterpolationMode.Default;

        [DefaultValue(typeof(InterpolationMode), "NearestNeighbor"),
        Description("The interpolation used to render the image.")]
        public InterpolationMode Interpolation
        {
            get { return interpolation; }
            set
            {
                if (value == InterpolationMode.Invalid)
                    throw new ArgumentException("\"Invalid\" is not a valid value."); // (Duh!)

                interpolation = value;
                Invalidate(); // Image should be redrawn when a different interpolation is selected
            }
        }

        protected override void OnPaint(PaintEventArgs pe)
        {
            pe.Graphics.InterpolationMode = interpolation;
            pe.Graphics.PixelOffsetMode = PixelOffsetMode.Half;

            base.OnPaint(pe);
        }
    }
}